ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

PORTRAIT IN JAZZ

wpid-wp-1411215952241.jpg
これはビルエバンスの1959年のアルバムです。

超有名な枯葉が入っています!
スコットラファロのベースがスゴいです(;・∀・)
テーマとなっているメロディも心地よく耳に残り、エンディングでの崩した感じも最高!

エバンスを聴くならこれかWaltz for Debbyのどちらかで決まりでしょうな!

ちなみにこのアルバムは、マイルスデイビスのKind of blueにも入っているBlue in Greenのテイク3も収録(  ^∀^)

  • とっちゃん坊や より:

    JAZZは感じる響きが好き。
    けど、何を聴けばいいんか?聴いた事あるけど誰の何て言う曲?
    あのね!参考にさせて頂きますんで もっと紹介して下さい♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    • G. より:

      そのうち多少詳しい解説と名盤紹介をするつもりです。
      ご期待ください(笑)

  • とっちゃん坊や より:

    ウォー!いい!なに!ピアノに絡むベースの腹の底から響く重厚感d(^_^o)
    今は電車の中で安物イヤホンで聴いたのだけど。
    今夜、高物イヤホンで聴こうっとW(`0`)W
    さすがですね、CD買おうかなぁ〜(^o^)

    • G. より:

      ビルエバンスの作品はピアノ、ベース、ドラムのトリオ作品が多く、その掛け合いも大きな魅力です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    icon_f icon_t