ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 日常

PALET D’OR モルトショコラ

今回は季節柄恒例のチョコレートです。
元々甘いものはあまり好きではないのですが、こういうものは大歓迎!

様々なウイスキーを使用して作られたチョコレートです。

ショコラティエ パレドオールの商品で、今作の内容はボウモア25年、山崎、マッカラン レアカスク、白州、カリラ25年、与市の6種。

ジャパニーズ3種とスコッチ3種。
ジャパニーズはサントリーが2個とニッカが1個です。
スコッチに関してはアイラモルトが2個という大冒険とも思えるチョイス。

これであればボウモアとカリラにアードベッグ、ラフロイグ、ラガヴーリン、ブルイックラディあたりでアイラボックスを作ってほしい気もします(笑)
うちにブルイックラディはないのですが…

さっそく食べてみるのですが、私は食レポはできません(苦笑)

結論から言って私が一番おいしく感じたのは白州です!
全てがバランスよく、ずっと食べていたいと思わせる華やかな味でした。
甘さだけではなくフレッシュな瑞々しさが最高でした。

山崎と与市はもうひとひねり欲しい感じがしました。
ウイスキーのチョコレートとして完成度は高いのですが…

マッカランは性格が全然違います。
元々のお酒が持つ個性がよく出ていて、香ばしさや酸味に甘み、美味しいですね!

ボウモアとカリラは同様の性格で、ヨードチンキのような強烈さが持ち味です。
食べている最中から鼻に抜けるピート香はアイラ好きにはたまりません!
ボウモアのほうがさっぱりしていて、カリラはねっとりといった雰囲気でしょうか…
普通に考えるとアイラチョコレートは一般受けはしなさそうです(笑)

というわけで今日のお酒は白州ノンエイジに決定!

というところでここからは愚痴です。

ウイスキーが高すぎます。
毎年のように値上げが続いた結果、山崎と白州が以前3000円で買えていた10年は廃止されノンエイジが8000円前後。
6000円で買っていた12年は16000円。

晩酌用の安価銘柄である角瓶やオールドも結構な値上げがされていて、以前のようには買えなくなっています。

以前も書いたような気がしますが、評価されるのはいいのですがむやみな値上げは勘弁していただきたいです…
定価でも30%以上、実売では100%の値上げって(涙)

海外産の輸入酒についても、サントリー傘下のマッカランやジムビームなどは以前から値上げが行われています。

私は問屋から直接卸値で買い付けていますが、それでも我が家からこのクラスのお酒が姿を消すのはそう遠い未来ではないのかもしれません…

それと最近山崎50年が大プレミアで数千万円でオークションで落札されました。
それを受けてか3000万円という定価の30倍の価格でアマゾンに出ています。
興味のあるお金持ちはぜひ(笑)

いやあ…白州うまいですなあ…(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t