ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

No.3

IMG_4811さて、今日は新顔のジンの登場です。

名前はNo.3。
由来は、会社の住所であるロンドンのセントジェームスストリートの3番地から来ています。
創業300年の老舗で、現在もイギリスの王室御用達を受けています。
ちなみにこの会社、ベリー・ブラザース・アンド・ラッド社はワイン商なんです。

そして目を引くボトルデザイン!
CDのジャケ買いのようにボトルのデザインだけで買ったんですね。実は(苦笑)

鍵のレリーフがかっこいい!
これは会社の応接室の鍵を模しているとか…

とはいえ酒で重要なのは入れ物ではなく中身の味です!

結果から言うと、一口でレギュラー入り!

香りは力強く華やかで、なにより驚いたのはその味ですね。
スパイシーな雰囲気もありつつ、カルモダンなどのボタニカルが強烈に訴えかけてきます!
我が家のものでは最も味の主張が強いように感じます。

…最近ウイスキーの量が減ったなあ…(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t