ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

Maiden Voyage

IMG_3556本日の通勤と軽食事に聴いていた一枚。

ジャズピアニストのハービーハンコックが、1965年にレコーディングした新時代を感じさせるアルバムです。
日本では処女航海というタイトルでヒットしました。
これまでの50年代のジャズとは一線を画す、透明感と開放感のある演奏が特徴的ですね。

アルバムのメンバーは
Freddie Hubbard:トランペット
George Coleman:テナーサックス
Herbie Hancock:ピアノ
Ron Carter:ベース
Tony Williams:ドラム
となっており、1曲目のタイトル曲でもあるMAIDEN VOYAGEは私も気に入っていて、海の上というよりは水の中を漂っている気持ちになります。
激し過ぎずおとなし過ぎずここちよく耳に入ってきます。
リラックス系でしょうか…ハンコックのソロには癒されます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t