ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 日常

Aquos zero 5G basic

今回はお酒の記事にする予定だったのですが、急遽変更です。

今回、よくある機種代を4年の支払いで、2年以降に機種変更すると残金の支払いが不要になるというアレで機種変更をしました。

個人的にアップルが嫌いなので、シャープとソニーをノリで使っていたのですが、毎度10万もする端末を使っているのもどうかと思いましたし、個人的に必要なスペックはそこまで高くないので安いモデルでもよかったのです。

ゲーム機、音楽プレーヤー、カメラ、パソコン、ビデオ、電子書籍リーダー。
全てを一台でこなせるわけですが、全てにおいて専用機を愛用しているので状況に応じた一時的代用ができれば十分なのです。

そしてこの端末は5G対応で、ゲーミングスマホという触れ込みもあったので、描画能力、音響性能、有機EL液晶で3眼カメラというオーバースペック。
それで6万円台という価格が決め手となりました。

しかし、ゲーミングという割に両手による2本指操作で、同時に動かすと片側が抜けて反応しないというバグが。

音楽ゲームやFPSなどでは致命的なバグで、ハイスコアは諦めてイベント消化と割り切っています。
指紋認証も精度が悪く、非常に反応が悪いです。
認証センサーが画面中央にあるので保護ガラスなども影響しているかもしれませんが…
それ以外は満足度高いのですが…

今回急遽この記事を書いているのは、そのバグに対応したシステムアップデートかどうかはわかりませんが、データが配信されていたので充電しながら再起動をかけたわけです。

するとどうしたことか、端末がうんともすんとも言わなくなりました。
充電も効かなくなり、あらゆるボタンが無反応。
画面がつくことはなく、ただの塊となりました。

急遽修理対応となりましたが、購入約1か月。
夜中であった上に、突然端末が飛んだためにオンラインでの修理や交換ができないのです。

数年で数百時間遊んだゲームデータも消失です。

翌日に仕事を抜けてショップへ行ったのですが、新規契約と機種変更のみで修理対応は予約が必要といわれました。
こういった緊急性のある案件は常時対応するべきだと憤りを感じました。
そのため即時対応できるのは、もう一台端末を購入という案を提示されましたが論外ですね。

その後復旧させた端末を売却といわれましたが、あまりにもデメリットが大きすぎます。

そのため会社に戻り業務をこなして、また時間に抜けて再訪というめんどくさいことになりました。

普段使いでは代替機のほうが使いやすいという(笑)

ネットなどに不慣れで実店舗で丸投げになる高齢者や情報弱者のためには有人店舗は有用ですが、ある程度個人で解決できる場合、緊急時に即時対応できない有人店などクソの役にも立ちませんな。

音楽プレーヤーで納得できる機種がなく、長年使っているソニー製から韓国や中国の物に変えようかと思っているのですが、携帯情報端末も一考するべきかもしれませんね。

今回はキャリアの対応にも腹が立っているので、どうしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t