ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

純米大吟醸 土佐鶴

IMG_4481久し振りのお酒です。
とはいえあいたのは数日ですし、チョビッとは飲んでましたが(苦笑)

今夜は超特級の清酒を頂きます。
高知県の土佐鶴酒造で作られています。

少量醸造の限定品で、国産米山田錦100%の精米歩合40%という逸品。
もったいない!贅沢だ!という声が聞こえてきそうです(苦笑)

というのも普段目にしているお米の外周60%を削り落としてから仕込みに使うわけで…

理由は食用米は外周部に旨味がありますが、酒造好適米は真ん中に旨味があり外周は雑味になるんですね!
吟醸酒と大吟醸酒はこの精米歩合が大きく関わり、一定以上に削らないと名乗れないんです。
そのため日本酒の中でも贅沢な酒といえるでしょう!

このお酒は度数が16~17度となっており少し物足りないですが、反面ゴクゴクいけます!
…もったいないのでしませんが(笑)

フルーツを思わせる吟醸香、深いコクとうまみ…
日本酒に関してはまだまだ素人ですし、あくまで本命は洋酒なんですがこれはいい!

以前友人から頂いたものや買ったものもそうですが、慣れと共にかなり好きになっている自分がいます。
やはりというか吟醸・大吟醸が好みですが、これからもいろいろ探求したいと思います!

 

  • tochan1974 より:

    土佐鶴!良いですねぇ(*´∀`)♪
    私も大好きです(ノ´∀`*)

    最初うちはやっぱり吟醸、大吟醸に行ってしまいますね( ^∀^)

    • G. より:

      ということはここから沼にはまっていくわけですか…( ̄▽ ̄;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    icon_f icon_t