ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

第16回 MUCC

いよいよ昼間はそこそこ暖かくなってきました。
寒いのは勘弁ですが、暑いのも御免ですね(苦笑)

そして私はこのパソコンを買い替えようと企んでいます。

というのもデスクトップがお亡くなりになられて、緊急で購入したので価格は抑えられていますが性能も抑えらえています(笑)

今回の購入でそこそこの性能の物を手に入れて、漫画の自炊を考えています。
そうするとかなりのスペースを有効利用できるようになり、片付けもはかどりつつ読書も便利に!
紙の本に拘っていたのは遥か昔。
個人的には電子のほうが全てにおいていい感じです。

しかしヒューレットパッカード…一向に発送されません…

さて今回はバンド紹介企画第16回。
1997年結成のV系バンドのMUCCです。

彼らは当初はヘビィで暗く陰鬱な作品を多く作っていました。
しかし現在はアルバムごとに作風が変わるレベルであれこれやっています。
最初はややとっつきの悪さも感じましたが、次第に気にならなくなってますね。

一つのバンドやジャンルに拘り過ぎる人には、合う作品とそうでないものがはっきり分かれそうなバンドです。

今回は聴きやすい物で3曲選びました。
なので比較的新しい作品です。

1曲目は9thアルバムの球体に収録されたシングル、空と糸。
静かなイントロからはじまり、ノリもよく聴き心地の良いギターリフ。
全体的に退廃的な雰囲気もありつつ、静と動で表現された作品はとても気に入っています。
悲しい歌詞ですが、このバンドを聴くきっかけになった作品です。

2曲目は2015年発売の3rdEP、T.R.E.N.D.Y.に収録されているB.L.U.Eです。
タイトルは空の青のことですね。
絶望的過去を振り返りつつ、前を向こうとしているのでしょうか?

3曲目は2017年のカップリングベストⅡに収録されている、28thシングル通常版のカップリング曲であすなろの空。
前の2曲に比べてテンポも穏やか、ストリングスも多用し、アコースティックな雰囲気もある作品です。
寂寞感のある失恋の回想でしょうか…

やっぱりMUCCはいいですねえ…
と言いつつも最近よく聴くのはYOASOBIだったりしますが(笑)

それではまた。

あすなろの空は動画がないですね。
興味のある方はサブスクかCDをどうぞ(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t