ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

第14回 Skillet

さて、いよいよゆっくり休める期間も終わり、月曜日より次の仕事が始まります。
前回より楽なのはわかっていますが、どの程度なのかが非常に気になりますね。

また気温も乱高下しますし、強風が吹く日も多く寒さが骨身にしみます。

緊急事態宣言下の大阪で、不要不急の外出が憚られる昨今では完全に引きこもって家から一歩も出ない日が多くなりました。

元々そうではあるのですが、意識的に車のエンジンをかけておかないとバッテリーが上がってしまいます。
そして旅行やキャンプ、別荘も一年以上行けていません。
さすがの私でもそろそろしんどくなってきましたね…

最近は冒頭の挨拶代わりの近況が書くことがなくなってきました(笑)

今回は音楽回です。

アメリカのテネシー州出身のバンドで、ジャンル的にはロック・メタルですね。

バンド構成が特徴的で、男女二人ずつでキーボードもありですね。
メインは男性ボーカルですが、女性がボーカルを取るパートもあり、コーラス・キーボードと合わさり、メロディアスで煌びやかなサウンドが特徴ですね。
弦楽器もかなり多用されていて、作品を壮大な雰囲気に仕上げています。
もちろん重厚でヘビーなサウンドがメインですが。

このバンドを知ったきっかけはPS3の音楽ゲームであるロックスミスです。
そこに収録されていた曲を気に入り、音源購入に至ります。

このバンドは個人的に6枚目以降が素晴らしいと考えています。
1stが1996年で6thが2006年ということですが、1-4は正直知りません(笑)
5枚目も私はどうにも気に入りませんでした。

まあ恒3曲さっそくいきましょうか!
…毎度のことながら別アルバムから3曲という縛りはマジでキツイですね…

1曲目は6枚目のComatoseからタイトルトラックにもなっているComatoseです。
このバンドは重厚なサウンドを聴かせるためにも、テンポやスピードは控えめな曲が多く、この作品もミドルテンポです。
冒頭のストリングスから始まり、男女ボーカルとコーラスの掛け合いと共に切なく歌い上げられる傑作ですね!

2曲目は7枚目のAwakeからAwake and Aliveですね。
この曲が例のロックスミスで知ることになった曲で、Comatoseと同じようにストリングスが多用され、男女ボーカルですが、こちらはコーラスというよりサイドボーカルといった趣で、訴えかけるような歌唱に胸を打たれます。

3曲目は2019年の10枚目VictoriousからこちらもタイトルトラックのVictorious。
野太い男性ボーカルもいいですが、高音が綺麗な女性ボーカルもいいですね!
やはり絡み合う男女ツインボーカルのパワーバラードはいい!
静かに目を閉じて聴きたい一曲です。

このバンドは女性ボーカルメインでいくつか作品を作っても面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t