ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

第11回 Fanatic Crisis

いやはや久しぶりの休日出勤、しかも激務で疲労困憊。
この一週間が勝負ですが…
正直工期ギリギリ。
なんとか間に合わせたいですが…

あまり酒を飲む気にもなれず、ゲームプレイの元気もなく、寝てちょっとのんびりしたらもう日曜日も終わりですね(苦笑)

電車の修理箇所や腐食具合、リニューアル工事内容は先月の車両のほうが困難でしたが、今回はとにかく工期が短い!
数十年のベテランもいない上に他社の半分の人員…
精神的にきていますね(苦笑)
鬱じゃないのかといわれる始末で…

なので今回は音楽で。
私はNo Music No Lifeです。

92年から活動を始めたロックバンドで、2005年には解散してしまいました…
私の青春(なかったかも)を彩ったバンドで、軽めのサウンドで聴きやすいポップロックですね。
やや鼻にかかったような独特の歌声が特徴的で、この時点で好みはわかれそうですが(苦笑)

では早速。

一曲目はインディーズのアルバムMASKからMemories in White。
この頃はやや暗めの雰囲気ですが、冬の情景が浮かぶようなこの曲をお勧め一発目に。
シングル曲でもあるのでとてもキャッチーですね!

二曲目はメジャーセカンドアルバムのThe Lost Innocentから竜宮。
このアルバムはこのバンドの最高傑作だと思っているのですが、シングルの火の鳥や Maybe Trueが収録されていて、今でも買う価値がある一作だと思っています。
その中で竜宮は少しエキゾチックなミドルテンポの作品で、今現在でもチョクチョク聴きたくなるんです。

三曲目は11枚目の最後のアルバム、Marvelous収録の29枚目のシングル、月の魔法。
クリアな空気感を持ったキラキラした雰囲気の曲ですね。
このバンドの真骨頂ともいえるサウンドメイクとメロディーは今でも十分通用するものだと思います。

しかしこのFanatic CrisisのPVはどれもこれもへんちくりんで、なぜこのような内容なのか、せっかくの楽曲の雰囲気が…というものが多いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t