ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

HOME >  珈琲の楽しみ方 >  淹れ方
            

淹れ方

淹れ方についてですが、少しの違いで味は変わってきます。
そのため条件がコーヒーに与える影響を見ていきましょう。

コーヒーはお湯を注ぐと粉の中にある成分がお湯に溶け出します。これを抽出と言います。
基本的にはエスプレッソ以外は全てこれです。
そしてそのコーヒーの成分は大きく二つ、酸味と苦味です。
酸っぱいのも苦いのもイヤ!とミルクや砂糖をドバドバ入れるのを見ることがありますが、これではコーヒーでなくともいいのでは?と思いますね(苦笑)

その二つの関係は次のとおり。

コーヒー味

味の関係 適当ですいません(苦笑)

その他の特徴としては、苦味は高温のほうが強く出ますが酸味は低温から出ます。
具体的には90度以上で苦味、75度以下では酸味が強いと言われています。

細かい理由は放っておいて、そういうもんだと思ってくれれば…
それでは器具ごとに淹れかたを見ていきましょう。
ちなみにうちにあるものだけです(苦笑)

目次
1.
|-焙煎度合い
|-豆のグレード
|-豆の保存
2.挽き方とメッシュ
|-コーヒーミルについて
3.淹れ方(器具)-現在のページ
|-ペーパードリップ(ハリオ)
|-ネルドリップ
|-フレンチプレス
|-サイフォン
|-マキネッタ
4.水と調味
|-砂糖
|-ミルク

icon_f icon_t