ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 映画

バンテージ・ポイント

IMG_4847今日も映画鑑賞!
エコー検診前日ですが、お酒付きです(笑)

今回の映画は2008年の作品で、約90分とコンパクトに見やすくなっています。

監督:
ビート・トラヴィス

キャスト:
デニス・クエイド
マシュー・フォックス
フォレスト・ウィテカー
シガニー・ウィーバー
ウィリアム・ハート

アメリカ大統領狙撃さる!

この作品はスペインで執り行われる国際テロ対策首脳会議での演説会場で、アメリカ合衆国大統領が狙撃され凶弾に倒れるところより幕が上がります。
その後現場で爆発が起こりあたりは死者や重軽傷者であふれ騒然とします。
現場を生中継するテレビクルーの視点で描かれるオープニングは、様々な謎と伏線をはらみ時間が巻き戻されます…

というのは、この作品は狙撃という一つの出来事を複数の視点から見せることにより、徐々に真相に近づくように構成されています。
テレビクルーに続き、過去にトラウマを抱えるSP、会場で市長の警護にあたる不審な行動を見せる地元刑事、演説を見るために観光に来ていた家庭にトラブルを抱える旅行者、そして大統領本人…
その次は…

現場を目撃した重要人物は8人。
それぞれの思惑により違う立場と位置で目撃した内容を追うことにより、真相が明らかになります。
非常にスリリングで面白い手法・構成だと思います。

唯一残念なのは犯人グループの目的・動機がはっきり明確に提示されていないことでしょうか…
もちろん背景や情勢などの設定を鑑みれば自ずとわかることではありますが(苦笑)
そのあたりを2時間物にして表現できればもっと良かったのではと感じましたね!

とはいえ私の中での評価は高いです(笑)

ちなみにお供のお酒はNo.3で作ったマティーニです!
ウマウマ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t