ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: カクテル

ネグローニ

さあいよいよ次の仕事が始まりました。
今回は少しオフが長く、事前準備に整理整頓、掃除も済ませて軽く機材メンテナンス。

それでも時間が余ってしまうレベルで、さすがにきつかったです。
今年はこういうことが何度かありそうで、今からうんざりです。

忙しすぎるのは肉体的にきついですが、暇すぎるのは精神的にきついですね(苦笑)

コロナのほうも依然変わらず、増える一方。
そろそろ旅行でもしないとおかしくなります。
この土日もアニメ三昧で、ホリミヤ、この音とまれ、ツルネ、恋と噓、極主婦道、リライフを一気見。
現在もキャロル&チューズデイをみています。
やはり青春モノや音楽を扱った作品は好む傾向にあります。

そして今回のカクテルです。
ジンベースのネグローニ。

レシピはドライジン20、カンパリ20、スイートベルモット20をステア

東京書籍のカクテル手帳からの引用になりますが、イタリアのフィレンツェでネグローニ伯爵が愛飲していたレシピを、そこのバーテンダーが1962年に伯爵の許可を得て発表したものと言われているようです。

ジンの辛さ、カンパリの苦さ、ベルモットの甘さが一体となっています。

飲んだ直後は甘みを強く感じますが、後味は結構な苦みが来ます。
私は相も変わらず苦み系の味が苦手で、ずっと避け続けてきました。

それでも今回は何の気まぐれか作ってみたわけです。

以前よりは飲めるような気がします。
それでもカンパリロックは勘弁ですが(笑)

このネグローニはいかにも大人の味でなかなか家庭では難しい一杯ですが、皆さんにも一度はチャレンジしてほしいですね。
一般家庭でカンパリやベルモットを消費しきるのはかなり難しいので…

さてこいつを寝酒に今日はおしまいです。
嫌なことも多いですが、明日からも頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t