ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 未分類

ジョニーウォーカー Song of Ice

さあ、特別に休みを取っていても今日でゴールデンウィークは完全に終了ですね!

自粛などが続き、不本意ながら仕事ができない方もおられるとは思いますが、一応ということで。

私は暦通り仕事は始まっていますが、この週末で愛車ロードスターRFの最初で最後の車検でした!

残価設定で4年契約なのであと1年…

…3年にして乗り換えるのが正解だったような…

今回の車検費用は部品交換なしの基本料金のみでした。
11万を安いとするか高いとするか…
まあポルシェを買おうかと言っているのでまあ安いとしておきます(苦笑)

さて今回はウイスキーを飲んでいきます。

このお酒はジョニーウォーカーというシリーズで、ウイスキーの中でシリーズで世界で最も売れている中の一本。

単品ではジャックダニエル、シングルモルトではグレンフィディック12年のようですが、シリーズではジョニー。

我が家にもブラック、ダブルブラック、ゴールドが常駐しています。

このボトルはそのカッコよさでの衝動買いです(笑)
アメリカのテレビドラマのゲームオブスローンズとのコラボボトルで、王族が飼っている白狼・ダイアーウルフが描かれていますが、見た目だけだと思っていました。

しっかりと特別ブレンドになっているんです!
よく見るとボトルの下部にユニークブレンドとなっています!

ボトルの見た目では北欧系の切れ味鋭い辛口なものと思い込んでいましたが…
音楽もフィンランドのソナタアークティカを合わせていたくらいです(笑)

実際の中身はというと、完全ノンピート。
かなりフレッシュでみずみずしい飲み口です。

バナナなどの南国フルーツ的な雰囲気もあり、暗く寒いアイスのイメージは皆無です(笑)
酸味などもありますが、アルコール刺激も少なく飲みやすいですね。

私はジョニ赤は苦手でもう飲んでいないのですが、黒とも金とも違う性格で面白いです!
緑と青は未体験なのでなんとも言えません。

ちなみにこのボトルの前にホワイトウォーカーというものがあったのですが、そちらも飲んだことはありません。

そしてゲームオブスローンズは原作小説がSong of Ice and Fireといい、氷と炎の歌という邦題で刊行されています。
剣と魔法のファンタジーですが、エログロありで完全に成人向けですが面白いですよ!

タイトルからきているSong of Iceですが、アメリカではSong of Fireが発売されています!

こちらはピートを炊き込んだピーテッドモルトのカリラをベースに、辛口ブレンドとなっているようで日本導入を切に希望します!

アイスもファイアもリミテッドの限定品で、まだ市場にはありますが欲しい人は早めに…

ファイアに関しては並行輸入品が多少は流通していますが、価格的にお高くなってしまいます。

そちらのボトルはドラゴンで色は赤・黒系でかっこいいです!

結論から言うとこのボトルは飲みやすいのでネタ的にも買いです!
といってもウイスキーを最近のブームで始めた初心者には少し高めの値段設定かもしれません。

2000円台でも美味しいボトルはたくさんありますし、気に入る一本を探す旅もウイスキーの楽しみ方の一つです。
高い=美味しい公式は成り立たない分野なので、自分だけの美味しいを探しましょう!

私は現在はアードベッグ10年とジャックダニエル、白州25年、メロウコーンあたりが競っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t