ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

HOME >  そもそもお酒ってなにさ? >  蒸留酒 >  ジンってなにさ? >  シュリヒテ
            

シュリヒテ

IMG_3386シュタインヘーガーのトップブランドです。
ドイツ西部のシュタインハーゲンで作られていたことが名前の由来ですね。

ドイツの代表酒にまで発展させたのが1863年創業のシュリヒテ社。
これは1776年に完成したレシピを忠実に継承していて、生のジュニパーベリーを発酵させるという特殊な工程があります。
シュタインヘーガーの基本ですね。
その後、大麦を単式二回蒸留したグレーンとあわせて再蒸留されます。

独特の甘みととろみのあるような味わいが印象的です。
ドライジンに比べるとややクセが強く、最初の香りも消毒用アルコールのように感じました。
しかし数口飲んで慣れてくると、ドライジンとは違ったその甘い味に魅了されます。
ドライとオランダの中間的立ち位置ということで、あらゆる飲み方に対応できそうな一本だと感じました。

 

 






目次
1.お酒の定義、度数、プルーフ
2.醸造酒
3.蒸留酒
|-ジン
|-ウォッカ
|-ラム
|-テキーラ
|-ブランデー
|-ウイスキー
4.混成酒
|-ハーブ系
|-フルーツ系
|-ナッツ系

icon_f icon_t