ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

WEATHER REPORT

IMG_3965本日のBGMはウェザーリポートです。

これは1971年にリリースされた同名グループによる1stアルバムです。

以前からのジャズであるビバップ、ハードバップ、モードとも違う新しいスタイルで、今までのジャズの暗黙のルールすらすら無視したアレンジは賛否両論が巻き起こったようで。
実際私も?な部分は多いです(笑)

ですがメンバーはソプラノサックスで元マイルス・デイビスのバンドにいたウェイン・ショーターと、ベースで元ハービー・マンのバンドのミロスラフ・ヴィトウスがプロジェクトを立ち上げ、ピアノの元キャノンボール・アダレイのバンドのジョー・サヴィヌルが合流して原型が出来たとか。
そこにドラムのアルフォンス・ムゾーンとパーカッション担当のアイルト・モレイラ、バーバラ・バートンが加わりこの作品が出来ます。

なにぶん実績のあるメンバーが中心なので、大々的に宣伝したかと思いきや、ジャケットにはバンド名のみ、メンバーの写真はおろか名前すら出さなかったんです。
先入観なしでの判断を。とライナーノーツにも書かれていますがまさにそうでしょう。

ただジャンル的にはフュージョンでしょうか?
雰囲気では所有の中ではチック・コリアのreturn to foreverが近いかと思いますが…

聴いた印象としては1曲目のMilky Wayはよく判らなかったんですが、どういう演奏なんでしょうか?
2曲目のUnbrellasではものすごい衝撃を受けました!
そのベースの迫力に恐怖を覚えたほどです!
やはりメインはサックスとベースですね。

とにかくミステリアスな作品で今後の作品も気になります(苦笑)
機会があれば別の作品も聴いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t