ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 映画

Super HiVi CAST

IMG_4607これは映画ではありません。
サブタイトルにDIGITAL AV NAVIGATOR CHECK & ADJUSTMENTとあります。
デジタルエーブイナビゲーター チェック&アジャストメント。
オーディオヴィジュアルと呼ばれる映像機器と音響機器の調整と確認をするためのディスクです。

現状のプロジェクターを導入し、ランプの点灯時間が約1500時間となりました。
この辺で再び再調整をしておこうと考えたわけです。

今回は映像調整でプロジェクターの設定をしました。
プロジェクターに限らず、普通のテレビでは購入時のままでは映画などには向いていない設定になっていることが多いんです。
そこでこのディスクにしたがって各種調整をしていきました。

内容は主に白レベル・黒レベル・色合い・色の濃さ・シャープネスの5項目です。
今回は白黒は適正でしたが色ズレが酷く、大幅に調整をかけることになりました。

白レベルでは白とびの黒レベルは黒つぶれを改善し、正確な色を正確な濃さに調性し、シャープネスでぼやけやにじみ、ノイズのないくっきりとした画作りをします。
DVDでは話になりませんが、Blu-reyでも作品によってはマスターに状態によってまちまちです。
その点このディスクには高精細なフルハイビジョン画像と各種マルチチャンネルハイレゾリューションオーディオが収録されいて、簡単に調整できるのがいですね。

こうすることでいままでただ黒く映っていた部分のディティールが確認できるようになったり、雲をはじめとした白の差異、みずみずしく鮮やかな色など製作者の表現したかった本来のものに近づけることが出来ます。
もちろん、個人的な不満点もあります。
マニュアルは付属しますがさまざまな専門用語が出てくるので最低限の機材知識は必要ですし、私の場合はプロジェクターなのでチェック画像に切り替わるさいに信号が変わるために無線接続では遅延が発生します。
とはいえこれ一枚でほぼ全ての必要項目の調整が可能なので利便性からも概ね満足です。

映画が好きでホームシアターを構築するのであればそれなりの機材の導入はしていると思うので、こういったチェックディスクは一枚あると便利ですしシステム構成が変わっても使えるのでそれらを趣味にする人にはマストなアイテムになっています。

弱点は…価格です(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t