ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

No.10

タンカレー10今日のラストにはタンカレーNo.10です。

ロンドン ドライジン
47.3度 750ml

4回蒸留でスッキリ味が特徴のタンカレー…
その上位版で、10番目の単式蒸留器の名前であるタイニーテンから命名され、その品質維持のため少量生産での製造です。
ジンはボタニカルといわれる香り付けの材料を使いますが、No.10はそれを厳選しフレッシュ生フルーツまで使った贅沢な作りになっています。

発売は2000年と新しいですが、世界でも評価は高く愛飲している人も多いのでは?
私はノーマルのタンカレーはマティーニベースに、これはロックが基本ですね(* ̄∇ ̄)ノ
うちではジンはこれとボンベイサファイアがツートップです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t