ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

2017/12/21 18:35PM
Category: 物欲

Kindleペーパーホワイト(第7世代)

皆さんお久しぶりです!
最近は時間があれば昼夜問わず自炊に打ち込んでいます。
お酒もほとんど飲んでいません(苦笑)

そこでまあ現在私の使っているkindle ペーパーホワイト(第7世代)について書いてみます。
ちなみにもう第8世代が発売になっているはず…

解像度は300dpi。
写真の画面は現在読んでいる空想科学読本の3巻です。
まあフィクションを科学的に上げ足を取る本で、科学好きな私はとても楽しめる本になっています。

スキャン時に、PDF、モノクロ、300dpi、本文の傾き補正、文字くっきり、の設定で取り込んでいます。
PDFエレメント6にて余白のカット、白紙ページの除去、前書きと後書きの除去を行って保存。
アマゾンのSend to Kindleを利用し、パーソナルドキュメントとしてアマゾンに保管しています。

電子インクのおかげで、例の如く見た目は紙媒体の印刷物の雰囲気です。
モノクロ取り込みなので、シミや色褪せも飛んでくれます。

この本は上段にイラスト、中段に本文、下段に注釈という構成ですが、私の視力0.3で下段を全く問題なく読むことができます。
PDFなので文章の回り込みや、フォントの変更はできません。
ですがブックマークによる目次や、ページの早送り早戻しもでき、wifi環境であればどこでも本の出し入れをすることができるので、よほどの大容量ファイルでない限り無制限の持ち運びです!

この端末がプライム会員で4000オフ、セール時にはそこからさらに3400円ほど安くなります。
モノクロの文字がメインの書籍に対してはほぼ最強というのが私の感想。

今後はKindle fire HD10を購入し、そちらで雑誌やカラー原稿の読書をするつもりです。
その場合の難点は、yahooメールやGmailが添付ファイルの最大が25メガということです。
Send to kindle自体は50メガまで対応しているようですが…
カラー原稿はファイルサイズが大きくなるのが欠点です。
そのため自宅HDDにしろクラウドにしろ考える必要があります。

またKindleも防水機能付きで一回り大きな7インチ画面のオアシスが欲しいのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t