ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

Kind of Blue

IMG_3905 本日のBGMは1959年にレコーディングされたマイルス・デイビスのカインド・オブ・ブルー。

ジャズのアルバムにしてトータル1千万枚というセールスを上げ、ジャズファン以外にも広く受け入れられた一枚です。
今更私のような素人の説明など不要かとは思いますが…
ちなみに私は散々聴いて、よさがわかってきたのは最近です(苦笑)

このアルバムでマイルスはモードジャズを世に提示しました。
そしてそれは受け入れられ60年代はモードジャズが主流となります。
これは従来のコードの流れの上でソロを作るのではなく、音の並びであるモードに則って作るという…

アフリカ音楽を意識したというこの作品も、そのモードを考えつつじっくりと聴いてみて欲しいですね。
ま、適当にかけ流して気楽に聴くのもオッケーです。

マイルス・デイビス:トランペット
キャノンボール・アダレイ:アルトサックス
ジョン・コルトレーン:テナーサックス
ウィントン・ケリー:ピアノ
ビル・エバンス:ピアノ
ポール・チェンバース:ベース
ジミー・コブ:ドラム

凄いメンバーですね(汗)

それではこのアルバム発表後、マイルスの定番として何度も演奏されることになるSo Whatをどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t