ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: ゲーム

Horizon zero dawnクリア!

いやー…毎日毎日暑いですねえ…
九月も折り返したのに秋の気配はあるのかないのか…

というわけで家にこもってゲームをクリアしました。
プレイ時間は約90時間。

私が最も気に入っているジャンルであるオープンワールドRPG です。
そう考えるとプレイ時間はほどほどという感じでしょうか。
プラチナトロフィーと二周目以外の全トロフィーもゲットした上なので、ネットで言われているボリューム不足はあるのかもしれません。

個人的にはそうは感じないのですが、ミッションやクエストの量は決して多いとは言えないでしょう。

オープンワールドはさんざんやってきていますが、戦闘がここまで楽しいと思った作品は他にありません。
ストーリーも文明が滅んだ理由、機械の獣が跋扈している理由、追っていくうちに明らかになるのですが、ここが非常に楽しめました。

そしてオープンワールドの醍醐味は冒険感というか旅行感というか…

閉鎖的な部族の村を出て、他部族との交流や未知なる機械との遭遇など上手くできていました。

この手の作品のグラフィックはフォールアウト4=スカイリム=ウォッチドッグス=グラセフ5<ウォッチドッグス2(現在プレイ)<アサクリオリジンズ=ウィッチャー3=これ。
私がプレイしたオープンワールドではそんな印象。

環境は映像がフルHD100インチ、音響がドルビーアトモス5.1.2です。
どの作品でもしっかり旅行感が味わえます(笑)

今は追加コンテンツが導入された完全版がかなりお安く手に入るので、未プレイの方はぜひどうぞ!

今回は本も一冊読了。

東野圭吾の超・殺人事件。

内容的には王道ではない奇をてらったギャグ要素ありの短編集です。

完全に笑いに振り切らず、ブラックに描かれていて皮肉も満載(笑)

個人的にサクッと読めて満足感の高い一冊でした。

超高齢化社会殺人事件と超読書機械殺人事件は特に面白かったです。

この作家の作品はドラマから入ったガリレオが最初なんですが、面白い作品が多いですよね!
私の好きな作家五人の一人です。
他の四人は森博嗣、海堂尊、三津田信三、貴志祐介です。
サイト内では敬称略ですいません(ついてるときもある)

さーて次は何を読もうか…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t