ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

Full House

IMG_3604今日は久々にBGMありでの執筆でした。
先日発売のジャズの100枚のひとつで、ジャズギタリストのWes Montgomeryのフルハウスです。

ウェスモンゴメリー:ギター
ジョニーグリフィン:テナーサックス
ウィントンケリー:ピアノ
ポールチェンバース:ベース
ジミーコブ:ドラム

1962年にバークレーのツボというライブハウスでのライブレコーディングです。

1.Full House
2.I’ve Grown Accustomed to Her Face
3.Blue’n’Boogie
4.Cariba
5.Come Rain or Come Shine-Take2-
6.S.O.S.-Take3-
7.Come Rain or Come Shine-Take1-
8.S.O.S.-Take2-
9.Born to be Blue

の全9曲で、7.8.9はボーナストラックになってます。

このアルバムはいいですね!
全て指弾きですが、超絶技巧で聴き所満載。
ヘビロテになってきています。
1曲目のリードトラックと5曲目の降っても晴れても(邦題)がお気に入り!

ちなみにフルハウスというタイトルは、ポーカーからきています。
出演オファーがウェスにあったとき、たまたま近くに来ていたマイルスデイビスのクインテットメンバーであったウィントン、ポール、ジミーの三人を借り受けることができたんです。
そしてウェスの大ファンを公言するジョニーの五人でのプレイですが、エースとキングで五人、フルハウスです。

メンバーもアレンジも違いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t