ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

Amazon Music Converter

毎回天気の話で芸がないのですが、中途半端な天気が続きますねえ。

もともと服装が難しい季節ではありますが、ここ最近は特にそう感じます。

そろそろ会社でも家庭でも本格的な掃除や片付けを開始しないといけないですね。
なんなんでしょうね。
忙しい時のほうが体がすんなり動くというか、一度深く腰を下ろしてしまうとなかなか動きづらいというか…

この週末は掃除は軽く、ゲームはなし。
ひたすらアマゾンのプライムビデオとアマゾンミュージックを楽しんでいました。
私の大好きな漫画作品の、のだめカンタービレのアニメが3シーズン全話配信されていました!
全て一気見しました!
ジャズほどではありませんがクラシックもそこそこ好きなので楽しく見れます!
何より物語が面白いですよね(笑)
普段はネットフリックスのほうが多いんですが、有料会員特典の一つとして活用していきましょう!

そしてこの度私はアマゾンミュージックのアンリミテッド会員になりました。
別途月額780円になりますが、発売直後の作品も配信される利便さにより大活躍です。

しかし私の愛機であるソニーのNW-ZX2はシステムが古く、アンドロイドバージョンが4となっていて、5以上が条件のアンリミテッドが動かず、通常のアマゾンミュージックのみでの運用です。

スマホやタブレット、PCでは使えますが、ウォークマンが利便性も音質的にもリスニングだけであれば最高なので悲しい事実…

現行機のNW-ZX507であれば問題ないらしいですが、それだけでの買い替えはしません。

そこで出した答えがアマゾンミュージックコンバーターでした。

このPCソフトはアマゾンミュージックとアンリミテッドに対応しており、ウェブプレーヤーが内蔵されています。
そして配信音質そのままでダウンロード保存ができ、その他のアプリやソフト、プレーヤーで利用できるようになります。

変換にはソコソコ時間はかかるのと、ゲインやデータ容量などそのまま単体での運用は私はできませんでした。
ですが税込み5500円はするソフトですが、アルバム二枚で元は取れます。
個人利用に徹底厳守ですが便利すぎる一本。

実際にアマゾンミュージックはラインナップは結構いいものがありますし、HDであれば現在では最高峰でしょう。
ですが個人的にプレーヤーアプリが使いにくいんです。
かゆいところに手が届かないというか、いいところもあるのですが、やはり使い慣れたものを使いたいです。

私はもう何年も有料版のNeutron Music Playerを使っています。
このアプリは使用難易度が高い反面音質はかなりいいです。
難易度も慣れてしまえばどうということもなく、ずっと愛用しています。
デフォルトのウォークマンアプリすら使いづらく感じる今、アマゾンプレーヤーは…

このコンバーターがあればタグも付け替えリネームも自由、ライブラリに組み込んでしっかり管理できるようになります。

結局のところストリーミングは、通信費やバッテリー消費などを考えると私的最適解にはなりません。

唯一のネックは音質で、CD音質には及ばずですが加齢とともに問題はなくなるでしょう(苦笑)
私はflacファイルでのコンバートですが、今後のアップデートでコンバートスピードを向上して頂けたら言うことはありません。

このTune Patというメーカーは、ほかにもSpotifyやネットフリックスのコンバーターも発売しています。
興味がある方は覗いてみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t