ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category:

黒猫とモナリザ

最近、異常なほどに一週間が早い…これは一体?

とまあ時の無情を嘆きつつ、明日からまた仕事です。

今回はお酒はなし!
近頃恒例の読書です。

しかし本当に漫画を読まなくなった。
無論追いかけている作品は読むには読むのですが…
一冊における物語の進行スピードが原因かとは思うのですが。

そういうわけで今回は森博嗣のVシリーズの1と2。
黒猫の三角と人形式モナリザ。

前シリーズのS&Mの時も思いましたが、タイトルって結構重要なことを言っているのですが気づかないもんですねえ(笑)

キャラクターに関しては前シリーズより好きですが、皆さん減煙や禁煙をするべきかと思いますね…

ただまあ脇役のほうが好感度は高いです。

内容は前シリーズよりはシンプルな推理物ですかね。
私の脳みそは推理をできるような高尚なものではないので、普通に読み進めるだけではあるのですが、まあ普通に面白いですよね!

どうなってるんだろう?どうやったんだろう?誰なんだろう?
あれこれ気になると読む手は止まらず。

気づけば二冊(笑)

黒猫は一年に一度起きるルールにのっとった殺人事件。
それが今回も起きるんですが、衆人環視の中の密室で事件は起こります。
犯人とそのトリックには驚きました!

 

モナリザは人形を操る演者が、公演中に皆の目の前で殺害されるという驚きの事件。
その二年前にも殺人は起きていて、神や悪魔といったものまで目撃証言に出てきて…
結論的にはそうだろうとは思いましたが、いやはや…今の世の中も途上国ではありそうな話です…

次は三巻ではなく別の作品を読みましょうかねえ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t