ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

IMG_3917今日だらだら聴いていた一枚です。

2004年から2011年まで活動していたヴィジュアル系ロックバンドであるKagrra,の、メジャーにおける3枚目のアルバムです。

バンドの方向性として和風を重視したスタイルとなっていて、メンバーには琴を演奏するものや、曲中に尺八などの和製楽器を取り入れることも多いです。
一貫してシャウトやデスボイス、ヘッドバンギングを行わず、私は個人的に気に入っていたバンドです。

ヴォーカルの急死により再結成は絶対になくなりました。
死因は不明で32歳でした。

このアルバムは和風に執着しなくなりつつあった時期の一枚で、この時期は普通に洋服でしたね。
1曲目のシングルでもあるうたかたは、今でもヘヴィに聴くお気に入りの一曲です。
うたかたの世の出会いと別れを歌ったものですね。

他にも6曲目の運命の糸、8曲目の霞んだ冬の向こうに…の2曲は共にヘヴィロテで、テープの時代なら擦り切れたでしょう(笑)

Kagrra,のアルバムの中でも完成度は上位ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t