ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 未分類

菊水の辛口

いよいよゴールデンウィークに突入しました!
ぶっちゃけた話、直前は忙しかったわけではなく、半日や11時前後には帰宅という状態でほぼ休み(笑)  
そのままの流れなので気分的におかしな感じです。

次の仕事開始が五月の中旬なのでそれこそ休み明けの出勤は嫌になりそうです…

最近はまたテレビを見ていて、アマゾンプライムの石ちゃんのSAKE旅にはまっています。
現状、私が好きな酒はウイスキー・カクテルの次に日本酒となっているので、見ているだけでたまりません!
地上波のいい酒・いい肴という番組も並行してみているので、このGWは気を付けないと一気に太りそう…

でもやめられません(笑)
そして我慢ができなくなったのでコンビニへダッシュ!

今回のお酒は生詰・本醸造の菊水の辛口。

新潟県産のコメを100%使用し、醸造アルコールを加えて仕上げた一本。
精米歩合は70%で、アルコールは15度。

淡麗辛口を売りにしていたのでこれを購入しましたが、飲んでびっくり!
私はまだまだ浅いですが、現在はこれが最も辛口。
そこに非常に驚きました。
キレの良さも抜群で、スルスル入っていきます(笑)

私は純米酒至上派ではありませんが、そちらを好んで飲みます。
しかし面白いです。
精米歩合の低いお酒はそれだけ米本来の風味が出やすく、甘い酒がほとんどと考えていました。
それはそれでおいしいのですが、70でこの辛口はすごいと感じます。
私の知識不足なだけでしょうが…

そこに醸造アルコール添加が関係してくるのでしょうか?
普通酒になると添加量はマックスで50%と聞きます。
そこまでになるといろいろ勘繰りますが…

ここにきて思うのが日本酒のランニングコスト。
一本千円でしたが、三日で空です。
うちに多いウイスキーは一本二千から三千円ですが、数か月は持ちます。

日本酒は美味しいですが高いお酒ですねえ…
現在は世界各地で愛され飲まれています。
ネットニュースでは今後徐々に値上がりを続け、二倍近い価格になるのではとの予測も(涙)

きょうはこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t