ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

第一回 Janne Da Arc

みなさんこんばんは!
まったく暖かくなったり寒くなったり勘弁してほしい日々が続きますね。

今日は久しぶりに休日出勤で顔やら口の中や耳の中を火傷したり、打ち身切り傷で満身創痍になっております…

名古屋線の電車は本当に劣化がひどく、うんざりげんなりしてへとへとです。
来月には一編成のみの観光列車「楽」の更新工事が始まるので、考えるだけで嫌になります。

さて、以前も言っていたように私は現在メタルをメインに聴いております。
どうしても洋楽メインになっていますが、邦楽も聴き続けているものも多くあります。

そういったあたりを不定期で今さら紹介していきます。
実際はダイエットで酒を控え、物欲が落ち着いているためにネタに困っているのが本音です(笑)

第一回はJanne Da Arc。
大阪出身のヴィジュアル系ロックバンドで、私の音楽感に多大な影響を与えたバンドです。

私にとってはBoowyもKissもラルクも陰陽座も化粧しているのでヴィジュアル系。
それ以上でも以下でもないですので偏見無しでガッツリ聴きます。

1991年から活動開始、2007年に活動休止し2019年に正式に解散となりました。

いやあもったいないですねえ。
20代で一番聴いたのではないでしょうか。
間違いなく私の青春でした。

その後はメインソングライティングをしていたヴォーカルのyasuがAcid Black Cherryで活躍中…なのに病気療養で活動休止中(涙)

このバンドは男女問わず人気が高くマニアックで頑固な人間の多いメタラーでも気に入っている人も多いと聞きます。
まあ強烈なガチ勢は英語ではない時点でスルーらしいですが…

一般層は月光花かと思いますが、私はほとんど聴いていませんね(苦笑)

でまあオリジナルアルバムは6枚しかリリースされていないので、おすすめを数枚挙げてしまうと全部になってしまいます(笑)

ですがメジャー1stのDNA、4thのAnother Story、6thのJokerは聴いてほしいです。
DNAは断トツお気に入りであるringが、Anoterにはヴァンパイアが、Jokerにはダイヤモンドヴァージンが収録されていて、この三曲が個人的上位です。

ringはベースのka-yuの物ですがさすがの名作。
銀のリングが消えた自分の指を見て後悔もしたのでしょうか…
非常に切ない曲です。
メロディも激しく上下するので歌唱難易度もかなり高いですね!

ヴァンパイアの聴き所は個人的にベースですね。
スライドを多用しうねるようなベースラインはぞくぞくします!
歌詞はかなりきわどいですが非常に切なく悲しい内容になっています。
じっくりと音楽に浸って堪能していただきたいですね!

ダイヤモンドヴァージンは自分の気持ちをストレートにぶつけた疾走チューンで、キラキラした雰囲気も綺麗な印象です。
この曲ではドラムに注目して聴いていただきたいです!

このバンドは楽曲の多彩さでもかなりの物で、演奏力の高さとキーボードを擁することによる表現の幅があり、現在でも色褪せずに聴くことができます。

本当は一枚ずつ全曲紹介でもすればいいのかもしれませんが、あまりに途方がなさすぎるのでこの程度でサクッと書いていきたいと思います。

ですがまだまだ紹介したい曲は多いですし、サブスクでも聴けるので興味があれば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t