ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: ウイスキー

甲州 韮崎 ゴールド

さあさあ三連休ですね!
とは言え今回の豪雨によって西日本は甚大な被害を受けました。
私の住む大阪やセカンドハウスのある鳥取の影響は大雨程度で済みましたが、隣県はシャレになっていませんね…

しかも連日の猛烈な暑さ…
この三連休も体温超えで40度に達するという予想すらあります。

今日は久しぶりのウイスキーではあるのですが、暑い時期のアルコールは避けたほうが体にはいいんですよね(苦笑)
ただでさえ脱水気味の状態に追い打ちをかけるようなものなので。

そのため強いお酒は久しぶりですね。
しっかりとエアコンをかけて体温調節はしたいところです。

さて、今回のウイスキーですが、例の如くの安イスキー。
昨今のウイスキー人気とともにウイスキー製造が盛んになっています。

大手の原酒が減少する中、小規模のベンチャーなども含めブームに乗ろうとするところが多々出ています。

この甲州は山梨県の韮崎にあるサンフーズの工場で生産されています。

酒造りは水がキモです。
甲州の韮崎といえば八ヶ岳の麓で、その水のクオリティには定評があります。

味は甘いですね。
度数も37度と低く、正直辛口好きの私にはパンチが足りません(苦笑)
木のえぐみなども感じますし、少々薄味。
ロックで飲みますが融氷とともにさらに薄く…
水割りには向いてないと感じます。

原酒をじっくり熟成と書かれていますが、サンフーズはウイスキー製造免許の取得は最近なので…
数年でじっくりとはこれいかに?
いやはや…いろいろあるのでしょう(笑)

よく聞くパターンでは他所からの原酒購入。
日本ではありえませんが、スコットランドなどではよくあることです。
そうであればボトラーズウイスキーといえるかもしれませんね!

結局のところ1000円前後のジャパニーズブレンデッドウイスキーは似てくるような…
富士山麓だけは別格でしたが、最近のリファインでこれも大衆寄りになったような気がします。
角瓶も黒角がよかったのですがこちらは終売(涙)

ウイスキーが好きになり、酔うためではなく味や香りを楽しむ人々が増えるのは心から嬉しいですが、色々と複雑な気分です(苦笑)

結論ですがこれはリピートなしですね!
飲みやすく気軽な晩酌向けですね。
しかしピュアモルトのほうは気になりますねえ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t