ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

HOME >  珈琲の楽しみ方 >  水と調味 >  砂糖について
            

砂糖について

お次は砂糖についてです。

普段から何気なくその場にある砂糖を使っていると思います。
それで問題はないのですが、思っている以上に種類があり個性があるので、お気に入りを探すのもいいと思います。
またブラック派の方は僅かな量でも甘味を感じ取れるかもしれないので、ほんの少量を試してみると珈琲の違う顔を垣間見ることができるかもしれませんよ!

それでは代表的なものを見ていきましょう。

上白糖上白糖

これは日本では一番メジャーでしょうか。
スプーン印でおなじみですね。
特徴として水分を多く含んでおり、甘味が強くコクがあります。
加熱すると焦げつきやすいという面も。
日本では使用量が最大で、というよりほぼ日本でしか使われていません(笑)

 

グラニュー

グラニュー糖

世界的に砂糖といえばこれです。
ミネラルや水分をほとんど含まず、さらさらしていて溶けやすい特徴があります。
そのため、珈琲の世界でも最も使われている砂糖です。
クセがなく、珈琲の風味を邪魔しないのも理由のひとつでしょう。

 

こーひー

コーヒーシュガー

これは粒度が大きく溶けにくい砂糖です。
また色の理由でもありますが、カラメルが添加されているため溶けているうちの味の変化が楽しめます。
カラメルの風味が特に苦味とマッチするようです。
コーヒーシュガーというだけあり、珈琲によく合うようですね。

 

三温三温糖

砂糖の結晶化の際に、再三再四過熱するためにこの名前となりました。
その時に生成されるカラメルと、もとより含まれるミネラルのためにこの色に。
和食の煮物などに使われますが、珈琲にもバッチリ合います。
コーヒーシュガーと同じようにカラメルの風味を生かしましょう!

 

ざら白双糖

しろざらとうと読みます。
要するにザラメ糖です。
糖度はほぼ100%で純度が高く、大きいグラニュー糖ですね。
同じように使いますが、ゆっくり溶けて甘味の変化を楽しむものです。
他にも黒砂糖や赤砂糖などもありますが珈琲に対して一般的ではなく、通な楽しみ方として使用することもあるようです。
またアイスコーヒーには溶けにくいので、シュガーシロップを利用しましょう。

まとめると、珈琲の風味を生かしたいのであれば白い砂糖。
カラメル等で風味の違いを楽しみたいのなら茶色い砂糖。
甘味を好みに調整するなら細かい砂糖。
甘味の変化を楽しむなら粒の大きい砂糖。

しかしメーカーにより製法に変化をつけて特徴を持たせたり、他の原料をブレンドするなど工夫を凝らしています。
思っている以上に砂糖の種類は多く、砂糖メインのサイトではないので紹介し切れません。
ぜひお気に入りの砂糖を見つけてください!

ちなみに私の普段の砂糖はグラニュー糖です。

目次
1.
|-焙煎度合い
|-豆のグレード
|-豆の保存
2.挽き方とメッシュ
|-コーヒーミルについて
3.淹れ方(器具)
|-ペーパードリップ(ハリオ)
|-ネルドリップ
|-フレンチプレス
|-サイフォン
|-マキネッタ
4.水と調味
|-砂糖-現在のページ
|-ミルク

icon_f icon_t