ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

HOME >  珈琲の楽しみ方 >  水と調味
            

水と調味

コーヒーにおいて調味といえば砂糖とミルクの二つ。
量だけではなく、種類にもこだわるといいと思います。
ですがここではその二つに加えて、コーヒーを淹れるときの水にも触れてみましょう。

自分はブラックしか飲まない!って人には砂糖もミルクも関係ありませんが、水は必ず使いますし客や家族に淹れる時の知識としてはありでしょう!
自分にしか淹れない!って人でも、上手く淹れられる様になれば絶対に誰かに飲んでほしくなるものです(笑)

それでは内容を見ていきましょう。

それでは最初に水です。。水

コーヒーの味を大きく左右する豆や焙煎度、そして淹れ方。
しかしよくよく考えてみると、我々が普段飲んでいるコーヒーは99%が水です。
そう理解すると水の影響が大きいのはわかることで、気にしないのはただ単純に日本人が水に恵まれているからなんですね。

水のポイントは硬度です。
硬度というのは水分中に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル分の含有量を示す値で、この硬度がコーヒーの最終的な味にも影響を与えてきます。

軟水であればあるほど素材の持ち味が生き、酸味が強くなります。
軟水の代表銘柄は森の水だよりや南アルプスの天然水、沖縄以外の水道水などですね。

逆に硬水はそのままでも飲みづらい物もあるように、クセが強く流通量も少ないです。
ヨーロッパなどはほぼ中硬水以上です。
沖縄の水道水もわざわざ硬度を下げる処理がされています。
ミネラル分がカフェインやタンニンと反応して味が変化したり、苦味が強く出たりします。
代表的なのは硬度1400を超えるコントレックス。

中間硬度の中硬水は苦味と酸味のバランスのいい水で、万能ともいえそうです。
代表銘柄は硬度300超えのヴィッテルやエヴィアンですね。
日本人から言わせると、中ではなく普通に硬水ですが(苦笑)

マイルドな軟水、刺激的な硬水、バランスの中硬水。
とはいいましても、結局は個人の味の好みによるものなので、色々と試してみることをお勧めします。
しかも水だけで味は決まりませんので、焙煎度や淹れかたとあわせて研究してみてください。

次に砂糖とミルクについて見てみましょう。

目次
1.
|-焙煎度合い
|-豆のグレード
|-豆の保存
2.挽き方とメッシュ
|-コーヒーミルについて
3.淹れ方(器具)
|-ペーパードリップ(ハリオ)
|-ネルドリップ
|-フレンチプレス
|-サイフォン
|-マキネッタ
4.水と調味-現在のページ
|-砂糖
|-ミルク

icon_f icon_t