ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 物欲

爆買い -ゲーム-(笑)

IMG_4972ここ最近の間にかなり大量の物品を購入しました!
多いので数回に分けます(苦笑)

まずはゲーム!

ボードゲームの新版のパンデミックと拡張セット3種。
そしてエルドリッチホラーの拡張セット第3弾です。

新版のパンデミックは長らく日本語版が欠品状態で、プレミアがついていました。
それがようやく再販とのことで、拡張と合わせて購入しました。

内容は世界に蔓延する凶悪な伝染病を協力プレイで治療しながら特効薬の作成を目指します。

新版は旧版に比べかなりサイバーなデザインに!
プレーヤーや病原体、その他木製駒はプラ製駒に。
マーカーも紙製からプラ製に変更となり、カードのデザインも一新!
役職も二種追加となり、単品でも以前より遊びやすいと思います。

拡張セットは1種は旧版にもありましたが、2・3弾は新版のみの対応です。
このゲームの完成度は非常に高く、手軽な準備とそこそこのプレイ時間、それぞれの役割を生かした協力プレイ、拡張によるバリエーション豊富な環境、自在の難易度調節などまれにみる傑作です。
なので私の周りでもプレイを好む愛好家が何人もいて、再販に合わせて新版への乗り換えとなりました!

拡張は第一弾が旧版にもあった迫りくる危機!
猛毒株と変異種と対戦型のバイオテロリストの3チャレンジ。

第二弾が科学の砦。
研究所チャレンジでは基地にて治療薬作成時に研究解析や試験運用をする必要があります。
そしてソロプレイルールの追加。
さらに2対2などのチーム戦が追加されます。

第三弾は緊急事態宣言!
遠隔地チャレンジでは病気の感染が都市外の地方から動物による感染が追加されます。
また検疫と緊急事態という新ルールの導入による難易度の微調節が可能になります。
そして最恐のスーパーバグチャレンジ!
第5の病原体がワクチンなしでの治療が不可能で、勝利条件に根絶が追加されるという鬼畜仕様。
クリアできる気がしません…

しかし世の中にはすべてをクリアしていく人たちもいるようで…
かなりシビアな状況判断が要求されます!

エルドリッチのほうは小さな拡張で、神秘の遺跡であるイースター島をはじめとした遺跡探索によるアーティファクト入手の機会を増やします。
プレーヤーキャラも4人、ボスも1体追加でプレイの幅が広がりますが、内容的には大きく変わることはありません!

両方とも購入以降(以前も)全然勝てません!
はっきりいって難しすぎますよね!
運に大きく左右される状況もありますが、いやあ…無理ですわ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t