ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 物欲

今年も始まる…

何がって…物欲です(笑)

今回は2点ほど。
アイマスクとテープカッターです。

例のごとく私が普通のノーマル品を買うわけもなく(苦笑)

まずは右のテープカッターですね。
親と別に暮らすようになった15年前くらいに、親が持って行ってからはうちには存在しませんでした。

知っての通りリフォーム後の我が家では、普通のテープカッターでは用が事足りても家に馴染まず非常に浮きます。
そのためいろいろ探していたのですが、納得いったのがこれという訳です。

本体から生えているようなテープ保持はグッドデザイン賞がどうたらこうたら…
なんにせよデザインによって採用です!
テープホルダーとして十分な重量もあり必要十分の機能性。
欠点と言えばテープ幅がある程度制限されることでしょうか。
個人的には満足です。

そして左側のアイマスクが私のお気に入り!
いちおう家電製品になります。

温冷アイケアってもので、要するにホットアイマスクとアイシングの機能を電気的に行うものです。

スイッチ操作でホットとクールを切り替えて目に当てるわけです。
交互に繰り返すオートモードを加えた3モード。

温度変化は僅か10秒ほどで感じられ、その即効性もお気に入りポイント。

映画鑑賞や読書、ゲームプレイが生活の大きいウェイトを占める私は寝る前や帰宅時に音楽を聴きながら40度のホットモードで癒されています。

クールモードは職業柄目が炎症を起こして焼けることがあります。
そうなると目を開けてもつむっても、マッサージをしても何をしても激痛で涙と鼻水が止まらなくなります…
溶接の職業病的な気もしますが…
目薬なんて差そうものなら死んだほうがましと思える激痛に(笑)

基本的にアイシングしか対処のしようがないんです…
冷たすぎずぬるくならないこれは重宝します。

欠点としては肌のことを考えたホットが5分タイマー固定、クールが3分固定というのが…
最大の欠点はどうも私だけらしいのですが、装着により鼻にあとが付き痛くなります(苦笑)

それを含めてみてもこの製品は非常に重宝しています。
リラクゼーション効果抜群で、これで1万を軽く切るのであれば買いでしょうね!

原産国が中国ということもあり、どの程度の期間使っていけるのかが気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t