ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 音楽

メタルについて

いやあ私としたことが、通常更新日としている日曜日に更新できませんでした…
というのもかなり久しぶりに外食をして、その後立ち飲み屋にて少し飲んでいたのです。

そしてそこの大将がハードロックやヘヴィメタルという音楽が好きで、若い時はずっと追いかけていて、今でも好きなジャンルはそれなんです。
そのため話し込んでいると三時という結果になりまして(苦笑)

私も好きなジャンルはそこなのでいいのですが、現在の日本ではとてもニッチな市場で、周囲でも聴いている人間など皆無です…
せいぜいアイドル的な聴き方でのベビーメタルが関の山の状態で…

そのため数少ないメタル仲間として、ジャンルの先駆者として非常に重要な人物です。

私がメタル音楽に触れたのはXが最初だったのを覚えています。
当初はガシャガシャうるさく、叫んでいる感じでよくわからないと感じたのを今でも覚えています。

しかしルナシーを聴くようになりヴィジュアルロックに傾倒。
グレイ、ペニシリン、ラピュータを経てディルアングレイに到達します。
そこからはXを聴くのに時間はかかりませんでした(笑)

バンドにあこがれ、ジャズやクラシックを聴くことのできる下地を持っていたので、ボーカルのない音楽を聴けたのが大きいのでしょう。
歌声も楽器の一つというとらえ方で、グロウルなどのデスボイスも普通に聴けるため、幅が広がっていったのです。

しかし流行の音楽をカラオケで盛り上がるという理由で、付和雷同的に消費されていく現在の日本の音楽シーンは面白くはないですね。
そのおかげで市場が回り、多数の人間が飯を食えているのでそれでいいのですが(笑)

そしてその大将との会話により、洋楽にしっかり触れていくことになりました。
アマゾンミュージックで聴けるというのも大きいのですが、アイアンメイデンとメタリカからスタート!
現在よく聴いているのはマストドンやラプソディーオブファイアで、このサイトを見ているどれだけの人間が食いつけるのでしょうか(苦笑)

そういうバンド紹介も面白いかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t