ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 映画

ハンナ

IMG_4071今日は休日恒例の映画の日です。

ということで2011年のアクション映画をチョイス。

監督:
ジョー・ライト

キャスト:
シアーシャ・ローナン
ケイト・ブランシェット
エリック・バナ
トム・ホランダー

この映画はしょっぱなから説明もなく、山奥での隠遁生活が描かれます。
そのため現代を描いた作品ではなく、中世などの時代を感じるプロローグでした。
そこで主人公の少女は、父親から卓越した格闘技術や戦闘技術を叩き込まれ、反面感情はあまり表に出ない特殊な人間として成長します。

その後、育ったフィンランドの山奥を出て、父との約束の地を目指すのですが…

後半にさまざまな伏線が回収され、全貌が見えてきます。
しかしどうも全編を通して地味なイメージが。
アクションシーンは派手でいいのですが、設定を描ききるにはあまりにも尺が足りないように感じましたね。
お気に入り度はそこそこ。ほぼ全編シリアスですが普通に楽しめました。

過去に命を落とした母親と、父親が抜けることになったCIAの廃棄されたプロジェクトが鍵を握り、主人公が目にする自らに隠された事実とは…

ありがちな設定だと思ったのは私だけではないと思いますが、ラストのその後を少しでも描いて欲しかったですね。
なんか散漫なレビューになってしまいました(苦笑)

内容とは関係ありませんが、ソニーピクチャーズは売り方が汚いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t