ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

2018/12/21 23:34PM
Category: 物欲 珈琲

デロンギ マグニフィカS

いよいよ今年もあとわずか。
仕事はたんまり残っております(涙)
もちろん明日の土曜も出勤ではありますが、祝日は休もうという算段。

そして悩んでいたこいつをついにゲットしました!
デロンギのマグニフィカSです。

というのもお安くなっていたんですよ!

購入を真剣に検討し始めたアマゾンのセール期間。
約7万で高止まり。
もともと10万を超える製品なのでそれでも安いのですが…
それがセール期間終了後に6万3千円に!

そこから数日は悩んだのですが、結局ポチッてしまいました。

珈琲豆の在庫がなかったので、安い粉珈琲を一杯ずつ抽出していました。
やはりインスタントとは違うのがはっきりわかります。

しかしまあ全自動でミル付きの機種を買っている以上は豆から飲みたいのです。

本日は眼球に付着した異物除去のために眼科へ行く必要があったので早退。
ついでにカルディへ行き、珈琲豆もゲット!

全てにおいてバランス型のストレート珈琲であるツッカーノブルボンと、深煎りで苦味トフルボディに振り切った期間限定のノエル。
それぞれを200gずつ購入。

先にブルボンから飲んでいるのですが、デミタスカップで濃いめのエスプレッソ…うまい!
いやはや…ハンドドリップをずっとやってきていて、サイフォンやマキネッタも使っていたので比較は簡単だったのですが…

同等ですね。
しかも水と豆を入れておけばボタン一つ。
超簡単。
しかもお手入れも手軽!

すごいですねえ…

この機種の下にもう一つ安いマグニフィカがあるのですが、そちらはカフェジャポーネというメニューがありません。
そのメニュー一つで価格差は1万以上なので悩みましたが、こちらで正解でした。

ちなみにさらに上の機種ではミルクメニューすら全自動です。
ですが10万オーバーはなかなか…
それに作る機会は少ないでしょうし、後片付けが面倒です(笑)

ヨーロッパではドリップコーヒーはあまり飲まれずに、濃いめのエスプレッソがメインとか。
そのためカフェジャポーネはその名の通り日本向けの限定メニューで、ドリップコーヒー機能です。
味的には一般の物よりエスプレッソに近い味わいではありますが、飲みなれたハンドドリップの味が確かにそこにありました。

設定が色々いじれるので、好みに追い込むまで時間はかかるでしょうが、これでは本当に外では珈琲を飲まなくなります。

結果的にもいい買い物だったのですが、あとは耐久性です…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t