ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

2017/2/22 23:27PM
Category: 映画

ディアトロフ・インシデント

本日は久しぶりの映画鑑賞。
どうもここ最近はゲームをする意欲がまったくわかない日々が続いております。

2013年公開の作品で、1959年に現実にロシアで起こったディアトロフ峠事件を元に製作されたSF映画ですね。

監督/製作:
レニー・ハーリン

キャスト:
ホリー・ゴス
マット・ストーキー
ルーク・オルブライド
ライアン・ホーリー
ジェンマ・アトキンソン

このディアトロフ峠事件は現在でも断言できる原因がわかっておらず、謎に包まれていますね。

その事件の謎を解明するということで5人の学生が現場の山へと赴くことになります。
序盤は準備やメンバーの紹介などで進みます。
現地入りしてからも聴き込みなどの情報収集を行うわけですが、やや冗長にも感じてしまいます。

この作品はパラノーマル・アクティビティに代表されるようなホームビデオで撮影したような体での進行なので、合わない人も必ずいそうです(苦笑)
逆に学生的なノリが良くも悪くも伝わってくるので、この作品には合っているのかもしれません。

現実をベースにしていてもあくまでフィクションです。
なのでそう来たかという展開や、それをするか!という部分もあります。
ですが現実の現場の状況にしっかりと回答しているので、評価はできると思います。
最後のどんでん返しはびっくりしました!

Xファイルやサインといった作品が好きなら楽しめるのではないでしょうか!
事前にある程度事件の内容を頭に入れておくとさらに楽しめます。

個人的には最近はクトゥルフ神話などのコズミックホラーにはまっているので、いい具合に楽しめました。
主人公の女の考え方や言動がイラッとすることはありましたね(苦笑)
意志が強く行動力の高い人間はたまに困ります…

あとは…軍がやべぇ!

ここからはネタバレになりますが、この手の作品は結局のところ出したら終わりなんですよね。
サインもそうでしたしゴーストシップもそんな感じでした。

何かに似てると思ったらPS3やPS4で発売されているアンチャーテッドに雰囲気似てました!
まあネイトのような超人ではありませんがね(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t