ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 日常 物欲

テレビゲットとインフルエンザ

しばらく時間が空いてしまいました…
理由はタイトルの通りなんですが(苦笑)

さて、新年早々にぶっ壊れてしまったうちのテレビ。

最近の番組は面白くないだのなんだの言っていても、なくなると不便なものでして…
故障が発覚の直後に発注です。

使っていたのは日本企業の日立製で、フルハイビジョンプラズマHDD内蔵型50インチで14万円ほどで購入しました。

今回のは中国企業のハイセンス製です。
フルハイビジョンLED液晶外付けHDD対応55インチで6.4万円です。

決め手は最近の海外製テレビの性能の高さ、価格の安さです。
ひと昔前の国産神話は過去の話というのは理解していたので、そうなるとこのサイズ帯で国産の半額ならどちらを選ぶのか…
実際のところ、国内企業でも国産でないものは多いですしね。

ちなみに50インチクラスであれば、10だせば4Kに。
25だせば有機ELに手が届く…いい時代になりましたね…

思い出せば薄型テレビデビューの15年前、23歳くらいの時に購入したハイビジョン(フルではない)プラズマ32インチ。
画面とチューナーが別体で、小さい癖に重く消費電力も高かったです。
当時はすごかったのですが、これが約30万。

このハイセンスは15kgほどで、大きさを考えなければ一人でも運搬できます。

消費電力もプラズマに比べると1/4くらいでエコです。
問題は耐久力だけなんですが…

さて、冒頭にもいった病気…インフルエンザに罹患してしまいました。
キャリアは会社の部下です。

それが理由で1週間寝たきり(笑)
風呂にも入れないし体も動かせないし最悪です。
もちろん酒も飲めません!

今回の感染はB型なので、風邪と勘違いして初動の対応にミスがあったわけです。

インフルエンザはまあいろいろありますが、メインにA型とB型があり、印象に強く残るのは前者でしょう。
Aは症状が強く出て、Bは穏やか…といったところでしょうか。

人によっては平熱のままということもあるそうです。

私も部下も37.5前後の微熱が続き、ただの風邪と勘違いしたため予防や治療に遅れが出ました。
発症後に迅速に治療開始できれば1週間を待たずに治ることも期待できますが、遅れると薬が効きにくくなり、結果的に完治は遠のきます。
もちろん風邪薬も無効ですし、その他にも薬の飲み合わせや合併症のリスクなどもあり侮れません!

皆さんも予防接種は受けるようにし、感染には十分注意してください!

私は今回の件でインフルエンザにかなり詳しくなりました。
語学、心理学、化学、物理学、音楽、生物学、考古学、天文学、理容美容などなどの雑学を集めてはいるのですが、薬学や疫学、医学はスルーでしたね…
難しいイメージがあるので…

言っておきますがさわりのうわべの雑学ですので悪しからず(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t