ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: 映画

ソードフィッシュ

IMG_4019今日は映画を一本。

2001年公開のクライムアクションです。

監督:
ドミニク・セナ

キャスト:
ジョン・トラボルタ
ヒュー・ジャックマン
ハル・ベリー

主人公は元凄腕のハッカーで、PCに近づくことさえ禁止という仮釈放中の身。
そこへその腕を見込んで1000万ドルの仕事の依頼が…
かなりの底辺生活を送っていた彼にとっては願ってもない話で、別れた妻から子供の親権やその他もろもろを取り戻すためにも再び危険な世界へと!

見所はなんといっても冒頭のベアリング爆弾による全周囲破壊です。
タイムテーブル的にはクライマックスのほうなんですが、シーン自体を倒置法的に編集してあり、派手な爆破シーンを早いうちに持ってくることで一気に引き込む作戦でしょう。
スローモーションの長回しのシーンになっていて、サラウンドシステムを導入している環境では、ベアリングの飛翔音や物の破壊音が全方向から聞こえるので大迫力です!

悪の大ボスも完全な悪ではなく、一つの信念を持って行動するキャラクターに描かれており、飄々としたつかみどころのなさはジョン・トラボルタの演技力によるところも大きいでしょう。
ヒロインとして登場するハル・ベリーはとにかくセクシー!
まさかバストトップまで露にするとは思っても見ませんでしたが、凄いプロポーションですね!

この作品はとにかく音響にこだわって製作されているのがよくわかり、あわせて映像面でも光を駆使したスタイリッシュな仕上がりとなっていて個人的にお気に入り上位です。
100分を切るコンパクトさも一気に駆け抜けられる尺で楽しめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t