ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: ウイスキー

スーパーニッカ

IMG_4130クリスマス以来となるウイスキーです。
月曜日の朝5時から飲むものではありませんね(笑)

今回はジャパニーズブレンデッドのスーパーニッカを。

誕生は1962年で、当時は年間生産数が1000という少量で幻とも言われたとか。
このお酒はニッカの創業者である竹鶴氏の妻であり、1961年になくなったリタ氏への鎮魂の意味もあったそうです。
そのため、現カガミクリスタル社の手吹ボトルに詰められ、大卒初任給の1/5の3000円という高額で発売されました。
今の初任給を20万とすると4万円…

1970年と2009年のリニューアルにより、当時のボトルと味とは変わりました。
設備も近代化、生産量も増えて価格も下がり、誰でも買えるお酒になりました。ありがたいことです。

中身はニッカが誇る二つの蒸留所の看板である余市と宮城峡、これにグレーンをプラスして作られます。

ややスパイシーな部分もありますが総じてライトな飲み口で、肩肘張らずに飲めるブレンデッドとしてお勧めです。
ウイスキーが好きでニッカ派の人でブラックニッカを飲んでいる人がいれば、これにステップアップしましょう!
ブラックは味の設計がストレートやロックには向かず、水割りやハイボールなどに向いていると思います。
そのためダイレクトに味わうと安っぽさを払拭できず、物足りなさを感じます。
スーパーニッカは加水でさらにスムースになりますが、本来持っているボディは厚く、なかなかの逸品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t