ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

Category: ウイスキー

コルク折れ発生(涙)

こんばんは。私は
長期の閑散と急激な過酷業務で疲弊しております。

鉄道関係の製造は会社にもよると思いますが、年間の運行計画によって一年の仕事の総量がある程度事前にわかります。
ダイヤをはじめとしたさまざまな要因により増減はあまりありません。
そのため予定を早く終わらせると、その後のんびりとなります。
後工程にも喜ばれるので私は下にもそれを徹底しているのですが…

体が鈍ります!

現在はトレーニングを始めているので以前ほどではありませんが、暇なときには本当にすることがないので困ります(苦笑)
そのためいきなり連日の残業と休日出勤で一気に疲弊するんです…

それはともかく。

私は趣味で掃除片付けアイロンがけをする、友人にすれば変態のようです。
綺麗になっていく過程はとても高揚感があり楽しいものだと思うのですが…
キッチリと整理整頓された部屋は落ち着きますし。
本当は髪の毛一本、埃一つも嫌なのですが、日常生活を送る上では仕方ありません(笑)

そして本日のバーの掃除時にショックな出来事が!
ウイスキーボトルのコルク折れです!

ウイスキーをはじめ、安価なボトルではコルク栓を採用している物は少ないです。
それにそういうボトルを購入しても1-2本であればソコソコで飲み切るでしょう。
しかし我が家のように特殊設備を備えて酒のボトルを数百も常備していると、どうしても飲む頻度に差が出てしまい、コルク栓が乾燥・劣化してボトルに張り付き折れてしまいます。

場合によってはソムリエナイフやピックをうまく使いレスキューできますが、今回のバーンハイムとイーグルレアはどうしようもありませんでした。

購入がかなり古いボトルで、客のオーダーも少ないバーボンというのが仇になりました。
我が家の客はカクテルかウイスキーに分かれ、ウイスキーはスコッチとジャパニーズしか出ません(苦笑)

残量は少なく最後の一杯なのでじっくり堪能します。

バーンもイーグルも5000円をオーバーする高級酒で、バーンハイムは小麦を使ったホイートウイスキー。
イーグルレアは平均的に価格の安いバーボンの中でも短期の10年(バーボンとしては長い)でこの価格というプレミアムバーボン。

このイーグルレア、本当にうまいです!
色は濃く、黄金に輝いています!

香りは蜂蜜が濃厚でトップに来ます。
焦げた穀物のような香りを引き連れ重厚な味わいが続きます。
ベースにはバーボン的な甘みがあります。
要するにコーンですね。
ですがそんなに単純ではなく、ドライフルーツ的な味わいやアーモンドを連想させるオイリーさも感じますね!

珍しくまともなテイスティング記事に…

私はどんな物でも極力ポジティブに捉える癖があるようで、批判的なことはあまり書きません。
ですがこのボトルは個人的に欠点がほとんどないように思います。
しいて言えば価格でしょうか(苦笑)

確かに価格は高いですが、バーボンが苦手だ、という方にこそ一度飲んでいただきたいのがプレミアムバーボンです。

蒸留所はバッファロートレースで、こちらのスタンダードはもっと安価に楽しめますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t