ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

2016/7/2 23:12PM
Category: ゲーム

エルドリッチホラー クリア!

IMG_4979とうとう長い敗北の日々に終止符が!
とはいえもっとも簡単な難易度ではあるのですが(苦笑)

エルドリッチホラーは、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトという怪奇小説家が作り上げた、架空の神話大系であるクトゥルフ神話を題材にしたボードゲームです。
1人~8人の協力型で、プレイ時間は2人でも2時間はかかっています。

旧き時代、地球上には様々な生命体や古き神々が存在していて、現在は眠りについている。
星の動きとともに復活の兆しを見せ始め、世界各地に異世界とのゲートが開き魔物が現れる!

というのがベースの設定で、そしてその兆しに気づいた者たちが協力して復活を阻止する!というゲームです。
探索や探検をして能力を強化して装備を整えるのですが、確率を上げることができても判定はダイス。
いいイベントも悪いイベントもカードの引き次第。
運の要素が強く、判定の結果は安定しません。
そこに否定的な意見が集まり、敬遠する方もいるようです。

ですが人生そんなもんですね(笑)
努力したらあとはやってみる!

さて戦績ですが、本体のみでのプレイ時には連敗。
失われて知識の追加では絶望的な状況に途中棄権。
狂気の山脈を眠らせたまま神秘の遺跡をゲット。
そしてこのたび再戦へ!

結果からいくと2連勝!IMG_4980
ボスはアザトースと古のものどもの再来。
破壊と創造を司るクトゥルフ神話の最高神と、古の時代に地球を支配した先住民の再来。

アザトースは時間配分を考え星の動きを見切ったか、簡単モードではありますが見事勝利。
古のほうは南極大陸のマップが追加となり行動範囲が増えた分プレイ時間は増えましたが、南極はプレーヤー強化がやりやすく、また今回は強力なアーティファクトが入ったこともあり、何とか復活阻止ができました!

これだけではリプレイにもなりませんが、万人が理解できるように説明するととてもではないですが書ききれません(苦笑)
プレイ時間も長いうえ、慣れないと準備に30分はかかります。
5人プレイで4時間以上かかったという話も耳にしました。
しかも相談しながら先を読んだ行動が必要なのでプレイ後はかなり疲れます。

ですが運要素を毛嫌いしないのであれば間違いなくお勧めできます。
とはいえ協力ゲームであればパンデミック、対戦であればドミニオンが個人的な一押しですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

icon_f icon_t