ホームバーで楽しむ、ウイスキーやスピリッツ、カクテルの紹介と解説

酒と物欲の日々 -Days of alcohol and greed-

HOME >  そもそもお酒ってなにさ? >  醸造酒
            

醸造酒

醸造酒というのは、穀物や果実などを発酵させて造ったお酒の総称です。

最初は材料を口に含んで租借、それをもどして唾液酵素による発酵を行っていました。
口噛みの酒というやつです。
今は発酵酵母は効率よく生産されています。

現在では成分が糖質かデンプン質かによって分けられ、糖質の場合は酵母を加えるとそのまま発酵します。→単発酵

しかしデンプンはそのままでは発酵しないので、酵素を使って糖化してから発酵させます。→複発酵

アルコールはだいたいが20度以下で、素材本来の特徴が生きているお酒です。

糖類醸造酒にはワインやシードルなどがあり、デンプン類には穀物原料のビールや清酒などがあります。
基本的にアシが速く、開封後は冷暗所保存で早めに飲むようにしましょう。

保存がききにくいという理由から我が家ではあまり飲まれません(笑)






目次
1.お酒の定義、度数、プルーフ
2.醸造酒
3.蒸留酒
|-ジン
|-ウォッカ
|-ラム
|-テキーラ
|-ブランデー
|-ウイスキー
4.混成酒
|-ハーブ系
|-フルーツ系
|-ナッツ系

icon_f icon_t